ドラマ

New Girl 第13話の英語

投稿日:

 原題は “Valentine’s Day”

 シュミット、「ヴァレンタインは探さない」 の後
 「心が弱った女ばかりでイージーすぎる」 は
 [there’s no thrill, All there’s bar filled with emotionally vulnerable women…]

 ジェスの
 「そういう気分なの」 は
 [Cause I’m feeling I’m pretty twirly.]
 この [twirly] の綴りが分からなくて検索しちゃいました。 

 インターンのクリフ
 「年の差はあるけどチン入したい」 って
 [I would just take that pound town.]
 ”pound town”がアルクでは意味が出てこなかったので英語圏のサイトを見てみたら ”pound town” means “rough sex” なのか、調べなくてよかったな(汗)。

 シュミットがジェスの一夜限りの相手 (one-night stand ← この表現って意外とカッコイイな、と思ってます) を探す手伝い (ってなにやってるんだ!) をしてる時にセリフで”1万時間”ってのが出てくるんだけど、これは『天才! 成功する人々の法則』という本(原題はOutliers: The Story of Success)なんですよね。

 シュミットの「奇遇だ」 は
 [what a coincidence!]
 この言い回しはかなりよく使われるものな気がしますね。

 今回の中で一番”英語セリフ”の醍醐味があったセリフ
 首尾よく自称ウェブクリエイター宅へ転がり込んだ先でのジェスとシュミット(!居たのか)の会話
 シュミット:「若者だらけだ」 と ジェス:「”若者”だなんていつの時代?」
 [There are youths everywhere] 、 [Youth? Are you Officer Krupke?]
 字幕と違いますよね、特にジェスのセリフ、クレプキ警官?って言ってますもんね。 これは誰なのかと思ったら、『ウエスト・サイド物語』に出てくる警官の名前なんですね。 アメリカではクレプキ警官といえば通じるんでしょうね。

 shroomでラリってるカイルを犬のようにおびき出すジェスのセリフ
 「カイル 見て 棒よ ほら」 は
 [Kyle, Hey it’s stick.  Go get it!]
 この “go get it” もよく聞く言い回しな気がしますね。 ここでは ”ほら” だけだけど、ちょうどいい翻訳。

 
 帰宅したジェスにシュミットの一言
 「考えるな」 は
 [Don’t ovethink it]
 これ、直訳したら ”考えすぎるな” ってことでビミョーに跳訳かもね。 でもいい翻訳。
 この直後のジェスのたくらむような笑顔が面白い。

 そして最後はシシとシュミットが仲良くなっちゃうんですね。 ホント、うまいこと脚本を作るもんだなぁ、と。




-ドラマ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ドラマ 「New Girl」 は、かなり面白いかもしれない!

 英語の勉強という名目で見始めたドラマ 「New Girl」 は第1話から、かなりブっ跳んでる感じで面白いっ!  主演のズーイー・デシャネルちゃんがカワイイ!ってのももちろんではあるけど、シッカリとド …

New Girl 第9話の英語

 正直7~8話目でちょっと”中だるみ”を感じつつあったけど、9話目で持ち直した感じ。  で、しょっぱなからウィンストンが  「ジェスがローラースケートをくれるなんて」 というシーンは  「I can& …

冬が来ると見たくなる映画 『エルフ』

 冬になると見たくなる映画がありますよね。 自分もあります、そのうちの1つがこれです。   『エルフ ~サンタの国からやってきた~』 アメリカン・コメディ好きならば知っている 「ウィル・フェレル」 さ …

New-Girl-Season-4

New Girl 第4シーズン

久しぶりに 「FOXチャンネル」 をつけたら、第4シリーズやってました、New Girl しかも、第3シリーズを丸々見てなかったので 「いつのまに?」 と思ったんだけど、「コーチ」 が復帰してるじゃな …

New Girl 第12話の英語

 今回もかなり面白かったですね。 でも前回のニックの彼女は?とかちょっとだけ思ったけどね。  ちなみに第12話の原題は [The Landlord](家主 : 大家)です。 アメリカの作品ってタイトル …