勉強法 聴く

英語リスニングの 肝(重要点)

投稿日:

 自分なりの「英語リスニングの肝(きも)」を書いてみました。

 とにかく英語を聴きまくる、という話は置いておいて。

 単語じゃなく、文節で聴く
 たとえば、以下の文章をしゃべっていると想定して
 What I want is a permanent vacation.

 ホワット・アイ・ウォント・イズ・ア・パーマネント・ヴァケーション。
 の7ブロックではなく、

 
 ワライウォン・ティズァ・パーマネント・ヴァケイション

 という感じ(4ブロック)で聴く。

 [What I want] っていうのはこれでひとかたまりの単語と思ってもいいくらいです。 聞こえ方は「ワライウォン(ト)」

 
 ウォン・ティズになるところもけっこうポイントかもしれません。 1文節目の最後の一文字ぶんが次の文節の最初の単語に影響を与える時があるんです。

 
 Should I go or not ?
 なんて文章のときの、[Should I] は、シュダイ、日本人の自分にはほとんど「主題」と聞こえるくらい。 逆に日本語で「主題」という言葉を聞いたときに 「Should I」 が頭に浮かぶようになったら 「英語脳」 になってきた証拠かもしれません。

 
 こんな感じで、よく使われる言葉を文節でひとかたまりにパターンで覚えこむ、このパターン数を増やしていくと急に英語が言葉として聞こえてきます

 この先には、聞こえてくると楽しくなる → もっと英語を聴きたくなる → 聞こえてくると~ の好循環が待ってますよ。




-勉強法, 聴く
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中学生の時に教えてもらった「英語の勉強法」

 中学生のころ、英語の先生が教えてくれた 「英語の勉強法」 があります。 二十数年経った今も覚えているくらい。 それは 『洋画の女優さんの中で好きな人を決めて、セリフは全部自分に話しかけてくれていると …

no image

Podcast で 英語リスニング

今やその気になればいつでも英語を聴くことができる環境はあるともいえます。  そのなかで、今回は「Podcastで英語リスニング」 について書いてみました。 iPodやiPhoneユーザならば今更という …

no image

アップルの基調講演で英語の勉強をしよう

 このほど、アップルの基調講演がありましたね。 そこでは iPhone 5c や 5s の発表がありました。  英語を勉強していて思うのは 演説 や 公演 のような ”人に説明する” 英語 は比較的聞 …

no image

「日本語英語」 と 「英語」 は音節が違う

 学校で習う英語は単語の1つずつをはっきり発音するように習います。 だけど、自分なりに英語のリスニングを勉強していると、その学校の勉強がネイティブの発音を聞き取れない「壁」になっているように感じてしま …

no image

NPR National Public Radio

 ネットに接続しているときのBGM代わりによく利用しています。 ・NPR National Public Radio  アメリカの公共ラジオ局なんですが、ホームページからの2クリックでネットラジオを聴 …